創屋ぷれす

Google ディープラーニングを使った画像認識の動向

Googleの画像認識が進化を続けています。

ディープラーニングが登場する前の画像認識では
背景や、認識したいもの、撮影距離など 画像上の
物体の見え方が非常に複雑でかなり難しいものとされていました。

特徴を捉える、物事を曖昧にとらえる ディープラーニングが登場し、
画像認識の精度が飛躍的に上昇しました。

研究者は、ディープラーニングを使って平面の画像を立体として捉えることも行っている
2017年には、カリフォルニア大学が3次元のドットで表現できるようになり
最近Googleでは、画像に写る物体の裏側を予測できるようになったとのことです。

Comments are closed.