創屋ぷれす

ウェーブレット変換

いわいる周波数変換の手法の1つです。
例えばフーリエ変換は信号(波、あるいは関数)を周波数帯に変換する数学的なアプローチです。

ここからは個人的な解釈もあるので間違いもあるかもしれませんが、私の解釈です。
フーリエ解析では元の信号を正弦波や余弦波の様々な合成波として表現できます。
しかし信号には高周波から低周波まで含まれており、例えば強烈に高い周波(パルス波)やとても低い周波(時間軸無限大)も含みます。
この性質から時系列の表現は失われていることになります。

これを回避するために対象の周波数に応じて窓(サンプリング幅?)を拡大縮小することで周波数解像度が良くなる、つまり情報が失われにくくなる。
ということのようです。

Comments are closed.