創屋ぷれす

気象庁特別警報

先日、九州地方で大雨による災害が相次ぎました。
台風、地震、雷、津波、大雨、噴火など災害はたくさんありますね。
こういった災害による被害をなるべく防ぐために気象庁は特別警報というのを発表するそうです。

ところでこの件、大被害があった翌日ぐらいに気象庁が記者会見?で説明をしていたような記憶があります。
特別警報を出す前に出す発表みたいなものがあるみたいで(なんだそれ状態ですが)それをなぜ出せなかったのかとか
問いただされていたような記憶があります。
命の重大さにはかえられないものがあるけど、そんな無茶を言っても八つ当たりのような突っ込みだなあと思ったものです。
結局のところ、危険予測の判断は個々人が行うべきで人任せにするものではないのだと思います。
年々その判断を下すための情報の精度は上がってきてはいるけど。

未来が完全に予測できたら・・・「マイノリティリポート」っていう映画がありましたね。
ということで避難経路、避難場所の確認など普段忘れてることを時々やっておかないとです。

Comments are closed.