創屋ぷれす

Windows サンドボックス

May 2019 UpdateにてWindows標準の機能として搭載された、軽量のWindows仮想環境です。

VMWareやVirtualBoxなどで仮想マシンを作成して、Windowsをインストールすることは可能ですが、
それなりに手間がかかります。
Windowsサンドボックスは簡単な設定のみで起動できます。
Pro版 または Enterprise版のみ対応しています。

仮想環境内で行った変更は、ホスト環境に影響を及ぼすことがなく
設定なども起動するたび初期化されるので、ソフトウェアの試用などを手軽に行えるようです。

ただ、仮想環境では悪意のあるプログラムを実行しないにすることも可能なので、
マルウェアかどうかの検証をサンドボックス環境で行って大丈夫だったからといって
必ず安全というわけではないようです。

自分の環境に影響を与えずに、ソフトを試用したり
インストール手順を確認するなどの用途には有用だと思います。

Comments are closed.