創屋ぷれす

タックスヘイブン

日本語にすると租税回避地です。

自国より税率の軽い土地に資産を移すことです。

 

タックスヘイブンとなっている土地からすれば、

税率を軽くすることで世界各国の企業を招致する等の目的があります。

ただし、脱税やマネーロンダリングの温床ともなります。

 

数年前に、このタックスヘイブンに関して「パナマ文書」という情報が流出し、

多くの資産家や著名人がタックスヘイブンにペーパーカンパニーを設立していたことがわかりました。

 

タックスヘイブンに資産があるからといって一概に脱税とは言えませんが、

もしその文書に載っている資産家達が国内で脱税をしていた場合、

消費税2%分の税収が失われているかもしれないとのことです。

 

ちなみに、よく言われるのが、

「タックスヘブン(天国)」ではなく「タックスヘイブン(回避)」です。

Comments are closed.