創屋ぷれす

車輪の再開発

既に分かっているもの、存在しているものを知らない、理解できないために
一から作ってしまう行為を皮肉っている言葉です。

出来上がったものは、付加価値がなく、時間を無駄にしているということを
からかうような表現でしょうか。

何かやりたいこと、実現させたいことを考えついても
少し調べると、事例があったり解決策が示されていることは多々あります。

使わない手はありません。

が、
仕組みを理解するために、一から作らせるようにしたり、
知らなくて一から作ってしまったが、その仕組みへの理解がより深まり
メリットになることもあります。

一概に、無駄だと言うのではなく
経験をしたことが将来の投資になっていることは沢山あると思うので
あえて一からチャレンジしてみることも大切ですね。

Comments are closed.