創屋ぷれす

ハングリーであれ、愚かであれ。

“Stay hungry. Stay foolish.”とは、今は亡き、
アップルの創業者 スティーブ•ジョブズ氏が、
スタンフォード大学で行ったスピーチでの名言です。

直訳すれば、「ハングリーであれ、愚か者であれ」となり、
抽象的で、その言葉を受け取った人によって解釈が変わりそうです。

ですが、スティーブ•ジョブズの経歴を追っていくと、
大学でカリグラフを学んだことが、後のMacの発明につながったり、
仕事に情熱を持ち続けていたから、追い出されたアップルに復帰できたりと、
好きなことを情熱をもってやっていると、自然とそれらが
うまく繋がっていくこともあることを伝えたいのだと思います。

もちろん、愚か者でいるためには、
相当なハングリーさが必要だと思います。

Comments are closed.