創屋ぷれす

定期テストなし・宿題なし


先だってテレビで、 
宿題がない、定期テストもない、クラス担任がいない、
そんな「千代田区立麹町中学校」のことを放映していました。
校長の工藤勇一先生は、思い切った変革をやったもんです。
実際、成果を挙げていると。

同様なこと、金沢市の西南部中学校が今年度から取り組んでいると
地元の新聞記事で見ました。
とってもよいと思います、私は。

一方、「宿題を出してくれないから、子供が勉強しなくなった」
って言う親がいるらしい。
人のせいにしたいんですよね・・・

定期テスト(中間とか期末テスト)がない=テストがないのではなくて、
「単元テスト」はある。
小さな単元毎の括りでの小テストですね。
毎週あるという感じ。

麹町中学校では、何度でもトライできるんですって。
満点取るまで。
ただ、それも自分の意志です。
分からんところをとことんやって、分かるようになること。
達成できてよいと思います。

今、学校教育は、変わらないといけなんです。
ICT(情報通信技術)を駆使してとか、もう何年も前から言ってますけどね。
小学校の授業参観で、それ(ICT)らしいものを見たって言ったら・・・
プロジェクター(は、もう当たり前)、
顕微鏡で見てるモノをモニタに映してた、
モニタに漢字をなぞって書き順を教えてた。
そんなぐらいですかね。

Comments are closed.