創屋ぷれす

携帯キャリア乗り換え

携帯でキャリアを変えるときに厄介になるのが「2年契約」の縛りだと思います。

2年契約の途中で解約すると違約金が発生し、約1万円ほど取られちゃいます。

 

政府がその違約金を1000円以下に抑える新ルール案を固めました。

料金を抑えることで各社の競争を促し、携帯料金の低価格化を狙っています。

 

素直に携帯料金が下がってくれればありがたいですが、

各社あの手この手で対策してくるのではという懸念もあります。

これはものの記事で読んだ一例ですが、

例えば携帯の契約プランをより複雑にし、キャリア間での比較を難しくさせる。

そして「難しいからキャリアはこのままでいいや」な消費者心理を狙う。

なんてこともあり得ます(今でも結構複雑な気もしますが)。

 

なんにせよ消費者が求めるのは低価格ですね。

Comments are closed.