創屋ぷれす

オープンソース

あらためて問われるとよくわからないですが、
Wikipedia によると”ソフトウェア開発の手法”という括りの用語のようです。

ソフトウェアを公開するための著作権表記として、
定番となっているいくつかのライセンスからいずれかを選択・提示することが一般的だと思います。
それぞれのライセンスで核となる部分は以下になります。
・無保証であること
・著作権表示を保持すること

企業レベルではネットスケープコミュニケーションズから導入が始まったようで、
時期は1998年頃とまだ歴史は浅いと言えます。

オープンソースの概念が無ければ今日のようにICT技術が発展していないことは明白です。
良し悪しはありますが、その概念が世界で受け入れられたことは、
未来に向けて大きな分岐になっていると感じます。

Comments are closed.