創屋ぷれす

ポアソン分布とは

本日はポアソン分布についてです。

単位時間当たりに○○回起こる事象が、単位時間あたりに××回起こる確率はなにか?
ということです。

この起こる事象というのは、ランダムに起こる事象である必要がありますが、
このポアソン分布を用いることで、たまにしか起きない事象の確立を求めることも可能です。

例えば、地震の確立とか。
1年間に震度3以上の地震が、平均0.5回起こる地域において、半年間で震度3以上の地震が2回起こる確率は?
なんてことが計算できます。

このポアソン分布は
先日も書いた2項分布の極限でもあります。。?????
こちらで紹介されていますが、、

なかなかむずかしいですねー

Comments are closed.