創屋ぷれす

アルトコイン(オルトコイン)について

アルトコインについて

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称の事で、アルトコインという一つの指す意味でのものではない。

ちなみに、アルトコインとは(alternative coin[代替コイン])というまんまの意味で、ビットコインの代替通貨である。

言ってしまえば株のような使い方をするものもあれば、全く違う目的で使うため開発されたものもある。

 

数は1500種類以上あると言われている。

(※現在のcoinmarketcapに掲載されているものを参考)

ちなみにどれも実物は存在しない。

 

代表的なアルトコインとして

Ripple(リップル)やLitecoin(ライトコイン)、ニュースで話題になったネム(NEM)などがある。

では、どうやってこの運用するのか。

 

アルトコインを用いる例として、Ripple(リップル)を挙げると

リップルとは、Ripple.Incが開発した分散型台帳を利用した送金システムであり、ここでの(独自通貨)がありそれを”XRP”と呼ばれている。

(XRP=ブリッジ通貨 と呼称されている)

リップルには『中央管理者が存在』し、『取引の承認速度』が速いという特徴がある。

またこのXRPを利用することで、異なった通貨同士の送金を早くかつ安く、済ますことが可能である。

因みに、リップル=XRPと呼称されている。

 

あくまでも一例だが、このように、独自通貨を用いることが出来る。

現在、多くのアルトコインは投機目的で利用されているものであるが、日常生活の分野での活用が検討されている。

認知度が未だ低いアルトコインだが、代表で挙げたものを筆頭に成長が期待されている。

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.