創屋ぷれす

カラーユニバーサルデザインとは

人間の色の感じ方は人によって異なります。
赤外線が見えるという人は、いないと思いますが
目の疾患などで、色の見え方が一般の人と異なる人が存在します。(色弱者)

色弱者の人にも、いろいろな種類があり見え方が
それぞれで感じ取れる色が違いますが、
一例では、

赤と緑の区別がつきにくいという人がいます。
眼鏡を買うときに 緑の背景と、赤の背景で十字の見えやすさを検査しているのが該当すると思っています。

このような人のために、コントラストで差を出したり
色相を気にしたりすることで、色弱者にも見えやすくなるので、意識してみましょうというもののようです

参考リンク
カラーユニバーサルデザインとは | EIZO株式会社

Comments are closed.