創屋ぷれす

3次元センサー

本日は3次元センサーについてです。

3次元の物体を認識する方法は色々あるとは思いますが、
ここでは、カメラを使って3次元の物体を認識する技術の話をします。

カメラを複数台使用して、取得した画像を組み合わせ3Dモデリングして
物体の形を認識する、という技術です。

情報としては、企業のHPなどの情報が多いので、詳しい技術等はわかりませんが、
2次元の画像処理と3次元画像処理の比較をすると以下のようになります。

2次元画像をディープラーニング、機械学習を使って処理する方法が隆盛ですが、
3次元センサーを使うと以下の様な検査をしたいときに優位性があります。

・部品検査における、色むらと凹凸の区別
・体積の検査

3次元センサーの用途としては、
・工場の部品検査
・はんだの形状の検査
・お菓子の形状、体積検査
があります。

Comments are closed.