創屋ぷれす

フィルターバブル

インターネット検索サイト検索結果が、その人の検索履歴やクリックなどの行動によって表示内容や順位が最適化され(Googleのパーソナライズ検索等)、その人の観点に合わない(好まない)情報から隔離されていってしまう状態を、
フィルターバブル(Wikipedia)というようです。

選挙などにも影響を与えているかもしれない、という記事もあります。最近は普通にネットで候補者名を検索するということもしますから、サービス提供側がアルゴリズムを操作することで色々と影響を与えることは可能ですね。

また、サービス提供側が意図していなくても、個人ごとに結果を制御・最適化するパーソナライズ機能が備わっていれば、検索サイトに限らず、スマートスピーカーなどのAIを使った仕組みでも同じ現象が出てくるかもしれません。便利になるのは歓迎ですが、どういった形で提供されている情報なのかを、できるだけ理解して使用することが大事だと思います。

Comments are closed.