創屋ぷれす

サファテが熱い

先週土曜日に福岡ソフトバンクホークスvsDeNA横浜ベイスターズの日本シリーズが終わりました。

観戦していた方も多いでしょう。

今回MVPにソフトバンクのサファテ投手が選ばれました。

 

このサファテが熱い。

サファテ投手は優勝に向けて、「自分が押さえてチームを優勝に導きたい」とコメントしていたそうです。

1点負けていた第6戦の9回。工藤監督は勝つことを目指し、抑えのサファテを投入します。

9回表をきっちり抑えるサファテ。雄たけびを上げ、球場全体を盛り上げます。

さらにサファテは自らベンチ前に出て選手を鼓舞し気合いを入れます。

9回裏、内川のホームランで見事同点、。サファテは続投を志願し、10回、11回と0点で切り抜け、

ペナントレースでは投げたことのなかった3回を完璧に抑えきります。

ついに、11回裏、ソフトバンクは逆転し、29年ぶりの逆転での日本シリーズ優勝となりました・・・。

 

ダイジェストでしか見なかったのですが、サファテの熱さにしびれました。

ソフトバンクのチームスローガン(昨年、一昨年)は「熱男」でしたがまさにその体現。

(ちなみに今年のスローガンは「ワンダホー!」らしいです。ちょっとダサい?)

ピッチャーが選手を鼓舞して気合いを入れるところは最近ではあんまり見たことがありません。

 

ペナントレース3位のDeNAの下克上から始まり、日本シリーズでの熱い戦い。

近年まれにみるクライマックスシリーズ~日本シリーズの面白さだったと思います。

Comments are closed.