創屋ぷれす

デジタル署名とは

データを送信する際、送ったデータと送られたデータが同じものかを確認するための技術

送信側はデータと合わせて、データから生成されるハッシュ値を送信者の秘密鍵を使って暗号化して送信
受信者は送られてきたデータからハッシュ値を作成、合わせて送信されてきたハッシュ値を複合化して比較する

といった用途に使われる。

仕組みは同じだが、デジタルのサインなどの改ざんの検知などもにも使用される

デジタル署名についての詳しい内容はこちら
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060704/242422/

Comments are closed.