創屋ぷれす

消火器の点検について

今日,ムカついたことがある.
消防署から,設置されている消火器について半年ごとに点検しないといけない.その点検は資格を持った者が行わないといけない.
こう言われた.
あれ? なんかおかしいんじゃない? って ケチの本能が反応した.

で,調べてみた.
蓄圧式の消火器の場合,製造年から5年は目視点検のみでよく,6年目から圧力の点検が必要になるとのこと.
この圧力の点検を行うさいに,消火用の粉を抜かないといけないらしく,それを行うには専門の資格が必要とのことだ.
(加圧式のものは3年)

目視点検だけなら,資格は必要ない.
要は,製造年から5年が経過した消火器を新品に交換していけば,特殊な点検もいらないというわけだ.

消防署の担当は,このことを知らないはずが無い.
ネットで調べると,消防関係の設備点検を行う企業が消防署員の天下り先になっているという記述もある.

火事のさいの初期消火に必要な消火器だから,疎かにしようとは考えていない.
業者が,消火器を見て,「はい大丈夫ですね」っていい,書類作成するだけのことに,お金を支払うのは無駄だと思う.
消防署は,消火器の目視点検の仕方とか,法律の説明とか,そういったことにもっと力を入れてほしいもんだ.

警察も同様だよな...

Comments are closed.