創屋ぷれす

『ビッグデータの正体』

2013年5月に日本語訳が発売されたベストセラー本.
2年半近く経過し,読み直すと,また違う発見があるし,今,考えるべきことのヒントが得られたような
気がする.
行き詰まると,思考のパターンが固まってくる,というか過去の成功体験に則ろうとしてしまう性格が
強まるので,時々,こういった本が僕には必要かもしれない.

ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える

ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
著者:ビクター・マイヤー=ショーンベルガー
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

Comments are closed.