創屋ぷれす

俺のそば

有名な「俺の・・・」のひとつ.
ちょっと前のことになるが,ちょうど銀座に用事があったので,寄ってみた.
遅いお昼ご飯で,ランチタイム終了間際に滑り込んだ感じ.
店内から溢れた行列は外にまで続き,階段下まで.

回転が早いかと思いきや,そうでもない.
その理由は,食べてみて分かった.

で,そばは好きで,そば屋でそば焼酎+そば湯割りを飲んで〆にそばを頂いて帰るとか,超幸せ.
お隣の福井県の越前そばとか,おろしそばで食べると,めちゃうまい.
ここ白山市も山のほうには幾つもそば屋があり,どこもそれなりに美味しい.
山猫とか,とても美味しい.

今回の「俺のそば」だが,はっきり言って,不味い!
そばも出汁も最悪.
関東圏は,味が濃いのは分かってはいるが,まるで醤油につけて食べているような感じ.
ただ,そばの量が半端なく多い.もちろん,そば自体も美味しくない.
不味いものが,大量にあっても嬉しくない.
この大量のそばを食べきるのに,みなさん,時間がかかっているから,回転が宜しくない.

なんで,こんな不味いものに,みんな行列をついてるんだ?
リピーターなんて,この店にいるのか?
ここのそばが美味しいって人は,どれぐらいいるのだろうか.
本当に美味しいそばを食べたことが無ければ,これで満足出来てしまうのだろうか.

浅草の事務所の近所にもそば屋さんは何軒かある.

全然,美味しいですよ,この「俺の」に比べたら.

他の,イタリアンとかフレンチとかに行ってみたかったけど,これと同じ路線だとしたら...
原価率高めで提供することを第一にしているだけなら,終ってるな.
特に「俺のそば」に関しては,量の多さ=原価の高さになっていそうで最悪.

Comments are closed.