創屋ぷれす

BeagleBoneBlackにubuntu入れた

BeagleBoardUbuntu
このサイトからeMMC用の最新イメージを落としてきて,MicroSDに書き込む.
上のサイトに書いてあるとおり
———————————————————————
unxz BBB-eMMC-flasher-ubuntu-13.10-2013-11-15.img.xz
sudo dd if=./BBB-eMMC-flasher-ubuntu-13.10-2013-11-15.img of=/dev/sdX
———————————————————————
最後のsdXは,各自の環境によって,sdaになったりsdbになったり.
VMware Playerの中のScientific Linuxから書き込みました.

このMicroSDをBeagleBoneBlackに差し,USER/BOOTボタンを押しながら電源をオンに.
USER/BOOTボタンは,MicroSDメモリの上あたりにあります.
あっという間に書き終わります.
LANコネクタ側にLEDが4つ並んでいて,そのLEDが全部点灯したら終わり.

再起動すると,Ubuntuが立ち上がります.
画面にログインプロンプトが出てます.
おぉ~~~~ やったぁ~~~~
あ,USBキーボード無い!!!

DHCPでIPが割り当てられているので,IPを探し当てて,SSHで入ることに.
User: ubuntu pass: temppwd
これでログイン出来ます.
パスワードを変更・ユーザーも作成し,,,,,
とりあえず,今日は,ここまで.

Comments are closed.