創屋ぷれす

Mondrianとの格闘

Reportツールは,Pentahoの採用を止め,JasperReportsにし,DWHを作るところは,
PentahoのData Integration(通称 PDI)を使うことにした.
OLAPは,PentahoもJasperもMondrianなので,それを使うことになる.
ツールは,Pentahoがschema-workbench(通称 PSW)で
Jasperが,JasperAnalysis-Workbenchとなるが,実は同じもの.
ただ見比べると少し差があるような・・・・
微妙に,元ネタのバージョンが違うようだ.
今回は,JasperReportsServerを使うので,schema作成ツールはJasperのものを使用する
のだが,気になる点ではある.
まぁ,Mondrianと闘わないといけないことははっきりしてるし,ガンバロ.

Comments are closed.