創屋ぷれす

ソースの読み方

今、仕事でC++のソースを読んでます。

たまにだまされます。

———————————

BOOL bSet = FALSE ;

・・・何か処理

bSet = nOption == 0 ;

———————————

if ( nOption == 0 ) bSet = TRUE ;
と書いてくれたほうがわかりやすいのに・・・。

あと2回しか回らないループでこんなのを見かけました。

———————————

for ( int nIndex = 0 ; nIndex < 2 ; nIndex++ )
{

配列A[ index == 0 ? 1 : nCount – 2 ] = 値;

配列B[ index == 0 ? 1 : nCount – 2 ] = 値;
}

———————————

賢いかもしれないけど、読みにくい。

速度は速いらしいですが・・・。

 

自分も気をつけねば。

Comments are closed.