創屋ぷれす

ランサムウェアとは

ランサムウェアについて調べました

ランサムウェアとは
マルウェアの一種で、感染したPCをロックしたり、ファイルを暗号化したりすることによって使用不能にしたのち、
元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する不正プログラム

身代金要求型不正プログラムとも呼ばれる

影響と被害
・感染PCの有効な操作ができなくなる
・感染PC内のファイルやネットワーク共有上のファイルが暗号化され、利用できなくなる(ランサムウェアの駆除を行っても暗号化されたまま残る)
・要求された「身代金」を支払うことによる金銭的な被害

対策と予防
・ランサムウェア本体を検出する。また不正プログラムの行う不審な活動を警告、ブロックする
・外部不正サイトへのアクセスをブロックすることにより、ランサムウェアや他の不正プログラムの侵入、認証情報の送信などを防ぐことが可能
・添付ファイルへのウイルス検出とスパム対策機能により、電子メール経由での不正プログラム侵入を防ぐことが可能
・不正プログラム侵入時に脆弱性への攻撃が利用される事例が多いため、OSや使用しているソフトの脆弱性をアップデートしておくことが重要

メールの添付ファイルをクリックしてしまうのと、ネットサーフィン中に感染するのが多いらしい
スパムメールのリンクはクリックしないこと

下記のアップデートを放置しなければネットサーフィン中に感染するのは防げるらしい
・Windows Update
・java
・Adobe Reader
・Adobe Flash Player

あとは、感染すると、元に戻せないようなので、
万が一感染してしまった時に備えて、日々のバックアップをしておくことが大事!
(ランサムウェアに限らず、元に戻せる状態にしておきましょう)

Comments are closed.