創屋ぷれす

ALUとは

こんにちは、YS.Mです。

本日は、ALUについてお話します。

コンピュータを構成しているハードウェアには大きく5つの要素があります。

入力装置
記憶装置
演算装置
制御装置
出力装置

それぞれの要素を持っているものはどんな大きさであれ、パソコンです。

ALUとは、算術論理演算回路(Arithmetic Logic Unit)の略です。

コンピュータを構成するハードウェアのうち、演算装置に該当します。

CPU内部に、ALUという演算装置が含まれていて、加算、減算、をはじめとする算術演算
AND演算、OR演算、NOT演算などの論理演算を実行する回路です。

つまり、ALUはCPUを構成する要素のうち、演算をつかさどる部分そのものを指しています。

CPUを構成する要素としては、あと大きく3つ

ALU
レジスタ(記憶装置)
クロック(パルス発生装置)
制御装置
が、それぞれバスと呼ばれる回路でつながって構成されています。

Comments are closed.