創屋ぷれす

ASP.NET Webフォームとは

おはようございます。YS.Mです。

本日は、ASP.NETのWebフォームを調べました。

ASPとは
Active Server Pages(アクティブサーバーページ、ASP)はマイクロソフトが開発したウェブページを動的に作成する技術であり

それを.NET(ネットワークベースのアプリケーション動作環境を提供するシステム基盤)向けにしたものが、ASP.NETです。

ASP.NETの中でも大きく2つに大別でき
「ASP.NET Webフォーム」
「ASP.NET MVC」

があります。

今日はwebフォームです。

webアプリケーションと言うのは、そのサービスを提供するサーバーがいるわけなんですが、、
ASP.NET Webフォームは主に、サーバー側のコントロールから構成されるWebページを作成するものです。

マイクロソフトのフレームワークなので、
VisualStudioから簡単に利用することが出来ますし、マイクロソフトのクライドサービスのAzureと連携することで

VisualStudioからAzureのインスタンスを作成したり、そこへ作成したアプリケーションを発行することができます。

.NETフレームワークの豊富なライブラリを利用できるので、
c#やVisualBasicなどの言語を利用できるので、多種多様の実装が可能です。

初心者でもちょっと勉強すれば簡単にWebアプリケーションを作成できるので
ASP.NETWebフォームは初心者が勉強するにはとても良いフレームワークです。

ただ、開発時にテストがしづらいなどの欠点もあるようですね。

以上です。

Comments are closed.