創屋ぷれす

DRY原則とは

DRY原則について調べました

DRY原則とは・・・
情報システムの構成や構築手法についての原則の一つで、同じ意味や機能を持つ情報やデータを複数の場所に重複して置くことをなるべく避けるべきとする考え方

システムやソフトウェアを構成する設定や設計に関する情報について述べたもので、複数の場所に同じ情報が置かれていると変更時に整合性が取れなくなる危険性が高まるため、一箇所で管理して必ずそこから参照するようにすべきとする原則である

似たようなものに、プログラムコード中で同じ(ような)動作をするコードを何度も書かずに、一度書いたものを再利用するようにすべきとする意味で用いられる“Once and Only Once”(OAOO)原則と呼ばれるものがある

DRY原則のデメリットとして
DRY原則にしたがって重複を排除していくと、ソフトウェアの部分どうしに結合が生じて、複雑さが増す、ということがよくある
重複は測定しやすく、わかりやすいが、結合度や複雑さは測定しにくく、分かり辛くなってしまう

極端に冗長性を排したコードは、読みにくく、分かり辛いものになることがある
人間が読んでわかりにくいコードは、メンテナンスを困難にし、変更のコストも増え、バグも入りやすくなる
DRYによって「わかりやすさ」が失われる場合は、DRYよりも「わかりやすさ」のほうを重視すべきという考えもある

Comments are closed.