創屋ぷれす

UTMとは

UTMについて調べました

UTMとは・・・
企業などのセキュリティ対策手法の一つで、複合的な機能を持ったセキュリティ機器を導入して包括的・統合的に対策を実施すること。
そのために用いられるセキュリティ機器を「UTMアプライアンス」という。

対策項目ごとに個別に機器やソフトウェアを導入する場合に比べ、必要な人員やコストを抑えることができるため、中堅・中小企業のセキュリティ対策として普及している。

UTMアプライアンスにはファイアウォールやVPN、ウイルス対策、不正侵入検知・防御(IDS/IPS)、Webコンテンツフィルタリングといったネットワークセキュリティに必要な一通りの機能が実装されており、設定や管理の手間の簡素化、導入の容易化、低い運用コストを実現する。
内蔵ソフトウェアの更新などの保守・運用も機器本体が一台のため効率的に行える利点がある。

一方で、様々な機能を一台に集約しているため、個別の機能や性能を比べると単体製品の方が性能や拡張性が高かったり、最適なセキュリティ機能の選択肢が増えるケースも多い。また、多くのUTMアプライアンスはネットワークの出入口に設置してゲートウェイの役割も果たすため、故障などで停止してしまうとインターネット接続自体ができなくなってしまう場合がある。

ファイアーウォールとの違い
最も異なる点としては、ファイアーウォールは内部からの通信をほぼ全て許可しているため、ニュースなどで騒がれている「バックドア型」の侵入には効力を発揮しない。
UTMは内部から外部に対しての通信も監視しており、万が一バックドアを設置されても不正アクセスをブロックする。
また、ファイアーウォールは通信の内容までは把握できないが、UTMの場合は危険なWebサイトへの通信を遮断したり、ファイル交換ソフトの通信を禁止するなど、昨今【危険】と言われている通信を制御することができる。

Comments are closed.