創屋ぷれす

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンについて調べました

ブロックチェーンとは・・・
分散型の仮想通貨システム「Bitcoin」で使われた、トランザクション履歴を管理するための技術。
中央集中型のシステムを使わずとも、安全で信頼性があり、安価なコストで、世界中のどこからでも簡単に使える仮想通貨を実現するための基幹テクノロジーとして注目されている。金融/通貨に限らず、さまざまな分野での応用が期待されている。

Bitcoinでの使われ方を説明すると
過去の全ての「トランザクション(取引)」の履歴を各ノードに持たせていて、
あるユーザーの口座にいくらの残高があるのか、過去にどのような取引が行われたのかなどが、この履歴をたどることによって、いつでもすぐに分かる。
全取引を1つのデータベースシステムなどで保存するのではなく、「ブロック」という小さなサイズに分けて管理している。ブロックのサイズは(現在は)最大1MBで、1つのブロック内には500~2000トランザクション程度が記録されている。これをリンクで数珠つなぎに接続して管理するので「ブロックチェーン」と呼ばれている。

世界中で使われているシステムに適合する可能性が高く、効率性もよいため、注目されているそうです。
現在は、あまり身近になっていないが(利用する側、作る側としても)、将来身近になってくるのでしょうか。

Comments are closed.