創屋株式会社は、AIやICT全般のサービス提供と企業活動を通して、 社会とお客様の課題解決に努め、
それにより持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献していきます。

■SDGsとは

sdgs

SDGs(Sustainable Development Goals):持続可能な開発目標とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。

引用:SDGsとは?【経済産業省|SDGs】

創屋株式会社はSDGs達成への貢献に向け、以下の取り組みを行い、推進していきます。

今後も、社外のステークホルダーとの「共働」、社員の個の力の「連携」を掛け合わせ、
社会価値を継続的に生み出すサイクルを構築していきます。

■事業活動を通じた貢献

 
持続的な効率化・省力化や、会社内外の連携をスムーズにするサービスなどを提供しています。

工業製品の受発注に必要な図面と見積をクラウド上で一元管理し、発注者と受注者の両社で図面と見積を共有できます。また、AIを利用した検索機能で過去の図面や見積との比較を行えるので、一連の受発注業務の簡易化、時間短縮が期待できます。

AI搭載の情報マネジメント型システムです。社内外の文書/レポート/論文やWEBの公開情報などを、AIで検索/整理/分類します。情報を迅速、簡単に収集でき、管理しやすい設計なので、創造的な仕事に時間を充てやすくなります。

会社で「ルール化されている&パソコンで完結する仕事」を効率化するRPA。そのRPAの導入・運用をワンストップでサポートするサービスです。RPAが分からない、また分かっていても導入が不安な場合もワンストップでサポートします。

 

■企業活動を通じた貢献

   
ISMSに基づく第三者認証を維持・継続し、システムの信頼性を向上させます。

ISO27001-認証
開発室で ISO27001 認定取得

 

システムの整備・運用にあたり、第三者による監査を受けることで説明責任を果たすと同時に、安全性を担保しています。引き続き、ISMS認証を維持・継続するよう努めていきます。

 

 
健康を増進するために社員でスポーツ活動を継続的に実施しています。

 
社員の健康増進に留意し、毎営業日での体操や、定期的にバトミントンや卓球などの球技スポーツを行っています。
健康経営優良法人(2017~2022)、スポーツエールカンパニー(2020~2022)にも認定されています。

 

 
技術者の育成に取り組んでいます

進化していくAIやIoTなど社会のニーズに対応し貢献できるよう、日々、技術者の育成を行っています。
社内外での研修の他、自律的かつ積極的なスキルアップを支援するため、
IT関連の国家資格など、技術資格の取得奨励制度を設けています。