情報セキュリティ基本方針

創屋株式会社は、AI(人工知能)システムならびに業務システムの受託開発業務とデータ解析(分析)業務をコア事業としてお客様のニーズに応えてきました。
今後も、お客様にご満足いただけるシステム/データ解析(分析)を提供するために、情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、情報セキュリティ基本方針を定め、当社の情報セキュリティに対する取り組みの指針といたします。

  1. 社内体制および情報セキュリティポリシーの整備
  2. 当社は、セキュリティの維持及び改善のために必要な管理体制を整備し、必要な情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。

  3. リーダーシップにおける責任および継続的改善
  4. 当社の経営者は、本方針の遵守により、当社及びお客様の情報資産が適切に管理されるよう情報セキュリティ目的(目標)を定めて主導します。また、情報セキュリティ事故を未然に防ぐために必要なリスクアセスメント(リスク評価)を実施するとともに、万一の発生時にはすみやかに根本原因を調査・分析し、再発を防止するために必要な是正処置を講じ、継続的な改善に取り組みます。

  5. 法令、契約上の要求事項の遵守
  6. 当社の従業員は、事業活動で利用する情報資産に関連する法令、規制、規範及びお客様との契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。

  7. 従業員の取組み
  8. 当社の従業員は、情報セキュリティの維持及び改善のために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

2020年2月1日
創屋株式会社
代表取締役 松村 卓也