精神論

僕は精神論が大嫌いです。

リアリティーがないから。

見えないものは、ない!見たいな感じで
感じ取れないものは!理解できない。

自己陶酔、自己暗示、集団心理、、、、いわゆる洗脳的な感じがする。

正直、自分じゃないみたいなのが怖い。

「情熱と本気」
「創造と挑戦」
「感謝と努力」

昔々の合言葉でしたね。(過去を否定はしないけども)

アニマル浜口のように(アニマル浜口別に嫌いじゃないです)
「気合だー」的な勢いのある感じ

若いエネルギーがあふれて、常に全力疾走してます!!私たち!ハイ!!

的な

常にプラスを求め、追い続ける。
そんな時代がありました。

信念もなくそんなことしたんで、破綻しました。

ただ、

30歳になり、新たな業界で、まったくの実力が伴っていない
僕にとっては、

そういった精神論で今を突破するしかないのが現状である。正直
自分を保つためのひとつの方法でもある。

ただ、昔と明確に違っているのは
「強いられてはいない」ということ。

気づき、感じて、必要なものを見つけ、不足点に危機を感じ
何をすべきか考えなきゃいかんな。って思っているので(今ようやく思えたというのが正解ですけど。)

あと、プラスを追い求める前に、マイナスを減らすほうが優先だと思っている。のが違うかな
だから、できることを確実にという考えでいる。背伸びだけはしないでおこうと。

僕は、精神論を強いられるのが嫌いです。