教育番組

うちには甥っ子がいる。

遥かな音と書いて、遥音「はると」

命名にはいろんな意図があるだろうが
音楽関連の仕事をしている、両親の関係から
「音」とついている。(正直かわいそう)

で、

教育番組って大人になってから見ても
面白くない。
けど、なんか引き込まれるものがある。(ノ゚ω゚)ノ

甥っ子は8時から始まる「おかあさんといっしょ」に
毎朝釘付けになってる。

いまは
「ムテ吉、ミーニャ、メーコブ」

われわれ30代前半の世代は
「じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり」

時代の変化ぱねー。
ポロリ若干怖い。って思うし。

子供向けなのにムテキチには、漢字が使われている。
時代の変化に戸惑う。

毎度ブンバボンという歌が流れる。ヾ(・ω・o)どんだけみとんだ

歌詞の一節
「たまご!次はさかな!」(さかな!)
「さかな!そしてとかげ!」(とかげ!)
「とかげ!からの ブンバ・ボーン!」

まったくの意味不ですが、
「からの」には衝撃を受けた。

また、こんな一節
「ブンバボンボンボ ブンバボン 
ブンバボンボンボ ブンバボン
ブンバボンボンボ ブンバボン
ブンバボンボンボ ブンバボーン」

しつこい。

ただ、これ科学的根拠があるらしく
同じキーワードを何度も繰り返すのは
頭に残りやすいらしい。

「団子3兄弟」
だんご・だんご・・・・
「おさかな天国」
さかな・さかな・・・・

と繰り返しが使われている。

話はそれるが、きゃりーぱみゅぱみゅは
これを巧みに利用している。

たいだいサビは繰り返し
つーけまつーけま・・
ファッションモーンスター・・・
キャンディーキャンディー・・・

など多数。きゃりーは非常に心理をついた
戦略的なマーケティングをしているのである。小悪魔こわ。

きっと教育番組って科学的根拠に基づいた
心理を揺さぶる仕組みだらけなんだろう。きっと。(怖い)