創屋ぷれす

AppStoreの課金について

AppStoreの課金ルールが変更になるようです。

今までは、アプリ内で課金する場合は、Appleで用意されている決済の仕組みを使って行っていました。
また、この時、Appleに手数料が入る仕組みです。

なので、手数料を加味した料金設定になっていたり、アプリを開発した側に入る金額が少なくなっていました。

今回ルールが変わることによって、Appleで用意している決済の仕組みを使わずに
課金することが可能になります。

そのため、利用者からすると金額が安くなる可能性があります。
可能性。という表現をしたのは、開発側がちゃんと課金フローを変更し、金額を安くしなければ恩恵が得られないからです。
中には課金フローだけ変えて、金額はそのまま。というところも出てくるでしょう。(開発側の取り分が増える)

アプリ開発をして、AppStoreで公開する際には、積極的に使用すればいいと思います。

Comments are closed.