創屋ぷれす

Dockerとは

仮想環境を作る技術の一つで、コンテナ型といわれています。

仮想マシンの場合、ホストOS上で仮想化ソフトウェアが動作して、
その上でゲストOSが動作するという形です。
Dockerの場合は、ホストOS上で直接仮想環境が動作するようなイメージです。

仮想化ソフトウェアを挟まない分、動作が軽いです。

また、環境の作成、削除、移植が容易なことが特徴で
一度Docker環境を作成してしまえホストOSが異なる環境でも動作させることが可能です。

開発時に動作環境が壊れた場合でも簡単にもとに戻すことができますし、
試行錯誤を繰り返すことも容易です。

Dockerは一般的な技術として普及しており、本番環境にDockerを利用する企業が増加してるようです。

Comments are closed.