創屋ぷれす

錯視とディープラーニング

先日 サイエンスZERO というテレビ番組で
人間の目の錯覚(錯視)をディープラーニングが再現をしていました。

・フレーザー錯視の渦巻き錯視
・蛇の回転
・ずれたエッジの錯視
などが例として取り上げれていました

フレーザー錯視の渦巻き錯視の場合、ディープラーニングの出力としては
人間が見ているであろう渦巻の画像を出力していました。

錯視に使ったディープラーニングは 浅い層ではミクロな特徴を捉え、
その特徴を広げていくような構造をしているので、錯視の仕組みとマッチしてのではないかということでした。

Comments are closed.