創屋ぷれす

リファラー

インターネット(Web)の閲覧で、サーバに対して送信される情報の一つ。

クライアントがサーバに対して新たにファイルを要求する際、そのファイルを要求するきっかけとなった元ページのURLがリファラーとして送信される。
ウェブページを要求するときであれば、そのウェブページへ遷移する直前に閲覧していた”リンク元ウェブページ”のURLがリファラーとなり、画像ファイルを要求するときであれば、その画像ファイルの貼られているウェブページのURLがリファラーとなる。

元々はウェブアプリケーションのセッション管理であったり、無関係のウェブサイトから画像ファイルが”直リン”されるのを防ぐなどが主な使用目的だったが、現在はそういったリアルタイムの目的よりも、アクセスログとして後から使用される事が多い。

アクセスログのリファラーを利用することで、どこのウェブサイトからいつユーザーが流入してきたかを分析することができ、広告効果の測定などが可能となる。

Comments are closed.