創屋ぷれす

スウェーデンの6時間労働ってどう思う?

6時間でも同じ生産量が確保出来るってことなんだろうか.
集中力が上がるから? だとしたら,何時間まで減らせられる?

そりゃ勤務時間が長いほど,中だるみはあるだろうが.気乗りしない時は,どうにもならんね.

しかし一説によると,スウェーデンでは,6時間労働で規定の成果が上げられない人はクビになってしまうんだとさ.
この勤務体制で仕事ができないと人を会社も野たれ死ぬってわけだ.
弱肉強食の極みか?

疲れてる奴は,会社から家に直行してしまう.
余力を残している奴は,どっかで遊びに行く.
で,金は天下のまわりもので経済が活性化するって話なのか.
遊びに行くから,リフレッシュして,次の日も集中力全開で仕事が捗ると?

なんかまやかしのような気もするが,間違ってもいない感じ.
うちも,サマータイムとかしてた(出勤時間を早めていた)ときより,今の10時始業の方が,生産性は上だ.
人間,ダラダラと仕事するのに慣れるんだよね.
身体がそういうペースになってしまう.

だから6時間で,同じ生産量を確保すれば帰ってよし!ってことにすればOKなんじゃないか...

Comments are closed.