創屋ぷれす

グループウェアAipo5 アップデート(ポート変更もあるよ)

Aipo4からAipo5へのアップデートプログラムがでたので社内のAipo4.0.5.0に適用することにしました。
ダウンロード後、中のreadme.txtにしたがって行くと記述漏れ。

(3)アップデートプログラム本体の解凍
下記のコマンドを実行していただき、アップデートプログラム本体を解凍してください。
# tar xvzf /usr/local/src/aipo_update4050to5010ja_linux.tar.gz
(4)下記のコマンドを実行してアイポをアップデートしてください。

3と4の間に
# tar xzvf /usr/local/src/aipo_update4050to5010ja_linux/update5010.tar.gz
が抜けてる。

で、続けて4の
# cd /usr/local/src/aipo_update5010ja_linux/update5010/bin/
# sh aipo_update.sh /usr/local/aipo


を実行すると・・・
found install.conf
4.0.5.0
PostgreSQLのユーザー情報を取得しています
user:aipo_postgres
passwd:*********
port:5433
udp 0 0 127.0.0.1:33851 127.0.0.1:33851 ESTABLISHED 26836/postmaster
Password:*********
psql: FATAL:  password authentication failed for user "aipo_postgres"

んー、postmasterがパスワードを認識せずアップデートが進められない。

ひょっとして・・・
/usr/local/src/aipo_update4050to5010ja_linux/update5010/bin/utf8/aipo_update.sh
を覗いてみると
sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/postmaster -D $parent_dir/postgres/data -S -i
ああ、ポート番号が指定されていない。
うちは別のPostgreSQLが入っているのAipoのポート番号を変更してます。
アップデート時にポート番号が表示されるから考慮してるものだと思ったのに。
面倒だけどこのファイルの関係ありそうな箇所に全部ポート番号(-p 5433)を埋め込む。


# diff aipo_update.sh aipo_update.sh.org
63c63
< sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/pg_ctl -D $parent_dir/postgres/data -o “-S -i -p 5433” stop

> sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/pg_ctl -D $parent_dir/postgres/data -o “-S -i” stop
74c74
< sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/psql org001bk${date_str} -p 5433 -c “ALTER DATABASE org001 RENAME TO org001failed ${date_str};”

> sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/psql org001bk${date_str} -c “ALTER DATABASE org001 RENAME TO org001failed${date_s tr};”
76c76
< sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/psql org001bk${date_str} -p 5433 -c “CREATE DATABASE org001 TEMPLATE org001bk${da te_str};”

> sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/psql org001bk${date_str} -c “CREATE DATABASE org001 TEMPLATE org001bk${date_str}; ”
116c116
< sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/postmaster -D $parent_dir/postgres/data -S -i -p 5433

> sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/postmaster -D $parent_dir/postgres/data -S -i
143c143
< sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/psql org001 -p 5433 -c “CREATE DATABASE org001bk${date_str} TEMPLATE org001;”

> sudo -u $postgres_user $parent_dir/postgres/bin/psql org001 -c “CREATE DATABASE org001bk${date_str} TEMPLATE org001;”
160c160
< sudo -u $postgres_user ${parent_dir}/postgres/bin/psql org001 -p 5433 -f aipo5010update.sql

> sudo -u $postgres_user ${parent_dir}/postgres/bin/psql org001 -f aipo5010update.sql
168c168
< sudo -u $postgres_user ${parent_dir}/postgres/bin/psql org001 -p 5433 -f ${script_path}/aipo_common/bin/select_tables.sql > ${scr ipt_path}/check_table.txt

> sudo -u $postgres_user ${parent_dir}/postgres/bin/psql org001 -f ${script_path}/aipo_common/bin/select_tables.sql > ${script_path }/check_table.txt
237c237
< sudo -u $postgres_user ${parent_dir}/postgres/bin/pg_ctl -D ${parent_dir}/postgres/data -o “-S -i -p 5433” stop

> sudo -u $postgres_user ${parent_dir}/postgres/bin/pg_ctl -D ${parent_dir}/postgres/data -o “-S -i” stop
260c260
< fi

> fi

で、めでたくインストールできました。

今回の目玉はタイムカードの機能アップと
1
iPhone対応(5.0.1.0で個人設定画面が追加された)
e58699e79c9f2e58699e79c9f21

Comments are closed.