iDempiere(購買部向け)

※画像をクリックすると拡大表示されます。


在庫数量を管理している品目は、発注伝票と入荷伝票の作成を踏まえます。
在庫数量を管理していない品目は、発注伝票と入荷伝票は作成せずに仕入請求伝票のみ作成し、費用処理することもできます。

伝票は「伝票ステータス(Document Status)」により、ステータス管理されます。業務担当者は、伝票ステータスの違いを読み取ることにより、業務状況を把握し管理することができます。

【発注伝票をおこす】

erp
発注伝票・発注伝票明細画面

発注伝票は仕入先への発注を管理し、発注状況、入荷状況、仕入先からの請求状況を把握する事ができます。
発注伝票の完成時に在庫の発注数量がその分増加し、入荷伝票と照合した時に、発注数量が入荷した分減少します。
発注伝票の作成は必ずしも必須ではありませんが、在庫管理している品目については管理レベルを向上させるためにも使用する事を推奨します。

【発注伝票から入荷伝票をおこす】

erp
入荷伝票・入荷伝票明細画面

発注伝票をもとに入荷伝票を作成することができます。
入荷伝票を完成させる事により在庫数が増加します。そのため在庫管理を行う品目については入荷伝票の作成は必須です。
入荷伝票は倉庫単位で作成されます。

【仕入請求伝票をおこす】

erp
仕入請求伝票・仕入請求伝票明細画面

入荷伝票をもとに仕入請求伝票を作成することができます。
仕入請求伝票には費用の認識、債務の管理、消費税の計算などの役割があります。

【返品を処理する】

erp
仕入先返品依頼伝票画面

入荷伝票をもとに仕入先返品依頼伝票を作成することができます。


erp

erp
仕入先返品出荷伝票画面

仕入先返品依頼伝票をもとに仕入先返品出荷伝票を作成することができます。
出荷伝票の完成時に在庫が減少します。

erp
在庫取引管理台帳レポート

入出荷履歴が在庫取引台帳レポートに出力されます。


|iDempiere(購買部)
|iDempiere(営業部向け)
|iDempiere(経理部向け)
|iDempiere(倉庫向け)
|iDempiere(生産管理)
|iDempiere(プロジェクト管理)
|iDempiere(ワークフロー)

|ERPページへ


■iDempiereとは?

iDempiereは、無料で使用できるオープンソースのERP(統合業務パッケージ)です。OSSのERPパッケージであるADempiereに、OSGi(※)などの新機能を追加した後継製品です。
※OSGi:Javaモジュールの動的追加や実行を管理するための基盤技術。