F-RevoCRM(ワークフロー) : Customer Relationship Management

ワークフロー

ワークフロー機能では、設定した条件を満たす操作を行ったときに、自動的にユーザーにタスクを割り当てる、通知を送信する、特定の項目の値を更新することができます。
これにより、業務の効率化、標準化が図れます。


※画像をクリックすると拡大表示されます。

【ワークフローを設定する】
F-RevoCRM(ワークフロー)

例:金額が100万円未満の見積り稟議のワークフローを設定

ステップ1:いつワークフローを実行するか
ステップ2:どのような条件の下で実行するか
ステップ3:どのような処理を実行するか

1-2

ステップ1:ワークフローの実行時期

見積りデータが保存される度に実行するように設定。

1-3

ステップ2:条件の追加

見積りの合計金額が100万円より小さい時に実行するように設定。

1-4

ステップ3:タスクの追加

「時間基準のアクション」を設定します。例では、あるルールに基づいて、指定した日数を経過したタイミングで通知を送信するように設定しています。

1-5
1-6

【ワークフローによる活動予定への通知】
2-7

ログイン後のホーム画面で、近日中の活動に表示されます。

※ログイン直後に表示されるホーム画面は、「ウィジェットの追加」で、表示する情報やレイアウトを各自が自由にカスタマイズできます。

2-8

近日中の活動をクリックすると、作業の詳細が確認できます。


F-RevoCRM用途別サンプル

|F-RevoCRM(経営者向け)
|F-RevoCRM(営業担当者向け)
|F-RevoCRM(プロジェクト管理者向け)
|F-RevoCRM(ワークフロー)

|CRMページへ

F-RevoCRMとは?

F-RevoCRMは、オープンソースCRMアプリケーションとして世界中で活用されているvtigerCRMをベースに、日本の企業文化に合わせシンキングリードが独自にカスタマイズを行った、フリー&オープンな高機能CRMアプリケーションです。