BI ( Business Intelligence )

膨大なデータを戦略情報に変え、企業の成長につなげる意思決定の手段として BI を利用してみませんか?

 

BI ( ビジネスインテリジェンス ) とは?

業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法を BI ( ビジネスインテリジェンス ) といいます。BIには以下の技術が使用されています。

DWH

DWH(データウェアハウス)とは、企業の膨大な情報を蓄積し、活用することまで考えて作られたデータベースのことです。取引等を記録し、同じ意味を持つデータを統合、横断的に扱えるようにして時系列に保存します。

ETL

企業に記録されるデータは一つのデータベースで管理されてはおらず、複数のシステムで管理されていることが普通です。
そのままの状態では、データを横断的に扱うことができないので、それぞれのシステムからデータを取り出しDWHに受け渡す仕組みをETLと呼び、Extract、Transform、Loadの一連の処理を意味します。

Extract
企業の複数システムなど分散して蓄積されたデータを抽出すること。
Transform
抽出したデータを分析時に利用しやすい形に変換・加工すること。
Load
変換・加工したデータをデータウェアハウスに書き出すこと。
オンライン分析処理 ( OLAP : Online Analytical Processing )

企業に蓄積された膨大なデータを収集し、多次元データベースを生成します。それを元に複雑な分析をする処理、もしくはそのシステムのことです。実装されたシステムは、グラフィック表示や項目選択を多用した操作画面、表やグラフなどを用いた分かりやすい結果表示などの機能を揃えているものが多いです。
代表的なアーキテクチャーは以下の2つがあります。

MOLAP(Multidimensional OLAP)
分析元となるデータベースから、独自の多次元データベースを構成して、分析・集計を行う方法です。
ROLAP(Relational OLAP)
分析元となるデータベースに、多次元データベースを擬似的(論理的)に構成して利用する方法(利用者からの問い合わせに応じてデータを抽出、集計して分析結果を提供しています)。独自の多次元データベースの実体を構成しないため、元データのリアルタイムな処理が可能で、メーカーによる仕様の違いが小さく互換性が高いです。
代表的なBIツールである「JasperReports」「Pentaho」などのアーキテクチャーとして採用されています。
データマイニング

業務システムなどから蓄積された膨大なデータの集合をコンピュータによって解析し、これまで知られていなかった規則性・傾向を見つけます。例えば、「商品Aを買った人は商品Bを買う頻度が高い」といったパターンなどを見つけ出す事により、企業の方針決定に役立てる事ができます。

創屋のBI

オープンソースソフトウェアの「JasperReports」あるいは「Pentaho」を利用したBIをご提案させていただきます。

JasperReports

jaspersoft

米Jaspersoft社が、開発/販売するソフトウェアです。

Pentaho

pentaho

米Pentaho社が、開発/販売するソフトウェアです。

特徴・利点

  • 各種データベースに対応
    データソースの情報をまとめて分析。既存のシステムとの連携も可能。


  • 短期間導入
    お手持ちのIT基盤に容易に導入。即日利用可能。


  • 直観的で分かりやすい操作性
    メニューからマウス操作のみ。帳票・レポートを短時間で効率的に作成。


  • ポピュラーなフォーマットへのエクスポート
    HTML、Excel、PDF、Textなどへエクスポートし自由に活用。


  • 分析機能が充実
    柔軟なモニタリング/レポーティング。自由自在な検索と多次元分析。


  • 幅広いユーザーに対応
    様々な業種・業態に対応。誰でも情報を共有、手軽に使える環境を提供。

bi1
※画像はJasperReportsのものです。

BIに関するお問い合わせ

メール又はお電話でご連絡ください。
<お問い合わせは、こちらからどうぞ>