間取り図の認識

構造的なデータを持つ間取り図が対象ではなく、紙(画像データ)の間取り図を対象にしています。
間取り図は大よそ下記3つから成り立っています。

  • 建具(位置、種類)
  • 部屋(位置、種類)

(柱は描かれている間取り図、描かれていない間取り図が存在するため除外する)

これら3つの要素の認識結果から、お互いの位置関係などの情報を加味することで100%の認識に近づけます。

壁や建具、部屋を画像データ等の非構造データからAIを用いることで構造データとして取得できます。
構造データとして取得できれば、CADを始めとした幅広いアプリケーションで利用することができます。

□戸建ての間取り図から壁だけを抽出した例

□ビル等の間取り図から壁だけを抽出した例