異常検知・故障予測

工場などの生産現場において、突発的な装置の故障は生産ストップとなり、生産効率が下がってしまいます。
そうならないためのAI=異常を検知し故障を予測するAI を開発しています。

AIを用いた異常検知の手法として、

  • 大量の計測値を学習させ、過去の異常データの事象に当てはまる度合いの確率を求める「教師あり学習」
  • 異常データが十分に無い場合、正常データからどれぐらい外れているかを求める「教師なし学習」

が用いられます。

もともと装置異常の頻度が少なかったり、データそのものを収集していなかったりと、
十分に学習させる「教師データ」が無い場合は多々あります。

AI技術の中核は「学習」です。
特徴を効率よく学習するデータ作成や、データ収集・蓄積のところもお手伝いします。
データを収集するためのセンサーやカメラの設置や、収集されているデータの整理整頓や修正作業なども
お手伝いします。