ディープラーニングによる外観検査

画像処理を用いる検査機での外観検査をディープラーニングとカメラを用いた外観検査に置き換えた事例です。
様々な色の汚れが付着した製品をディープラーニングで良品か不良品かリアルタイムに判別します。
検査機より精度が良く漏れなく検査できるため、検査機+人の目視で行っていた検査を代替し、コストダウンに繋がります。

検査機での外観検査とディープラーニングを用いた外観検査では以下の違いがあります。

検査機での
外観検査
ディープラーニングでの
外観検査
製品特有の模様と汚れの区別 ×
人が見ても判断が難しい微小な汚れや色の薄い汚れの検出
汚れの位置の検出
(大まかに)
製品の位置ズレや回転ズレでの検査の安定性

>お問い合わせはこちらから