創屋ぷれす

スケールアウト

こんにちは。

R.Yです。

本日はスケールアウトについて。

 

簡単に言うと、サーバーの台数を増やすことでインフラの性能を上げる方法です。

スケールアップはサーバー自体の性能を上げることに対し、

スケールアウトは数で勝負しよう、という考え方です。

 

メリットとしては、

・既存の設備を使ったまま性能を上げることができる。

・サービスをストップさせずに作業ができる

 

デメリットとしては

・管理の手間が増える

・ソフトウェアのライセンス料がかかる場合がある

 

スケールアウトは、並列処理が可能なもの(ステートレスなデータが多いwebサーバー等)や、

複製・動機が容易なものに向いており、

逆にデータベースが複雑である等の理由で並列処理ができないものには向いていません。

Comments are closed.