創屋ぷれす

超高速取引とは

超高速取引について調べました

超高速取引とは
コンピュータにあらかじめ組み込んだプログラムにより、株式や商品先物の売買注文を自動的に超高速で行うこと

アルゴリズム取引とよばれるものの一種である

略称HFTで、英語呼称を直訳すると「高頻度取引」である

計算速度の速いコンピュータを使用することにより、1000分の1秒単位で膨大な小口売買を行う
秒単位で生じるわずかな価格差だけで利益を得る手法で、とくに欧米のヘッジファンドが多用している
対象は株式、原油先物、外国為替など多岐にわたっている。莫大な金額が取引されているため市場価格に与える影響が大きく、公正な価格形成を阻害するとの批判が根強い

米国市場においては2000年代後半以降、取引高の約50%が高頻度取引によるものとなっており、金融市場において大きな存在となっている
日本においても東京証券取引所がミリ秒単位での取引を可能にする取引執行システムarrowheadを導入したことで高頻度取引が盛んになっている
また1ミリ秒でも取引執行を早くするために、証券取引所の株式売買システムサーバーと同じ建屋内に取引所側が特別に用意したスペースに
高頻度取引サーバーを置くことのできるコロケーションと呼ばれるサービスも利用されている

Comments are closed.