創屋ぷれす

公開鍵暗号とは

おはようございます。YS.Mです。

2者間のネットワーク通信を暗号化して、他からの傍受などを防ぐ場合
最も一般的なのが、「公開鍵暗号方式」と「共通鍵暗号方式」の2つがあります。

そのうちの「公開鍵暗号」についてお話したいと思います。

情報を読み取れないようにすることを、暗号化。

暗号化された情報を読み取れるように戻すのが、復号化。といいます。

それぞれの暗号化、復号化の際には、「鍵」が必要となります。

公開鍵暗号方式は、2つの鍵を用います。

1つは「公開鍵」とよばれ、その名の通り公開されているので、誰でも取得できます。
2つ目は「秘密鍵」と呼ばれ、データを受信する側が持っています。

データの、送信者は公開鍵を使用し、データを暗号化して送信します。
受信側は、秘密鍵を使用しデータを元の状態に復号化します。

公開鍵と秘密鍵はセットになっていて、セットの公開鍵で暗号化されたデータをセットの秘密鍵で復号化するので
秘密鍵を持っている受信者以外には、復号化することが出来ないことで安全性を確保しています。

以上です。

Comments are closed.