創屋ぷれす

デザインパターンとは

デザインパターンについて調べました

デザインパターンとは・・・
過去のソフトウェア設計者が発見し編み出した設計ノウハウを蓄積し、名前をつけ、再利用しやすいように特定の規約に従ってカタログ化したもの

デザインパターンを利用するメリットとして、最初にあげられるのが、「再利用性の高い柔軟な設計ができる」という点
各パターンには、多くの知恵が凝縮されている。設計者の直感や経験などに依存していた設計が、デザインパターンを導入することで、
初心者でも先人たちが詰め込んだ「知恵」を利用した設計をすることが可能となる
また、先人たちの知恵を参考にすることで、設計力の向上も期待できる

2点目は、「技術者どうしの意思疎通が容易になる」ことが挙げられる
デザインパターンを習得していない技術者には「こんなクラスを作って、このクラスはこんな役割を持っていて・・・。」
と延々と説明しなければならないが、デザインパターンを習得している技術者どうしであれば、設計について相談するとき
「Singleton パターンで行きましょう」、「Strategy パターンが応用できるのではないでしょうか」というようにパターン名で
設計の概要の合意を取ることが可能になり、意思疎通が容易になる

ただし、無理やりデザインパターンを当てはめ、適用方法を誤ると、再利用性や保守性が低く、
複雑なアプリケーションになる可能性があるので注意する必要がある

Comments are closed.