創屋ぷれす

ワトソン(IBM Watson)

今日は ワトソン(IBM Watson) についてです。

 

昨日紹介したコグニティブコンピューティングを体現したシステムとしてIBMによって開発されました。

よく、ワトソンの有名なエピソードとしては、2011年にアメリカのクイズ番組で

チャンピオンになったという有名なエピソードがありますが、現在は2016年。

ワトソンはもっと進化しています。

 

大量のデータを処理して、ヒトの意思決定のサポートをしてくれるツールが出始めています。

料理に合うワインを選んでくれるアプリ、洋服をデザインするアプリなど、日常生活に近いものから、

金融、教育、医療、など、ビジネス分野、公共福祉の分野にも活用され始めています。

 

また、サイバーセキュリティの分野でも活用が進み、

膨大なデータの中から、隠れたサイバー攻撃の兆候を

示すパターンを見つけ出すことが可能になる日も近いと考えられます。

 

 

IBMのクラウドサービスであるBluemixでワトソンのAPIがデモ利用できるようになっているので、

気軽に試してみることもできるようになっています。

お時間がある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか?

Comments are closed.